All posts filed under: Egg

Apple Claufoutis | アップル・クラフティ

Apples are slowly disappearing until come next winter. The early birds (year harvest) start appearing around the end of August ~ early October, which implicates that the rest -non-sesasonal apples sold in stores are probably kept in storage. Being a fruit lover, ‘Apple Claufoutis‘ is one of my husband’s favorite cakes (pies?).  He prefers more fruit than batter so I tend to increase the proportion of fruit than than the normal recipe. The Apple Cloufoutis is so simple, nobody can get this wrong. The recipe is here to click!   「林檎」大好き。リンゴはいつの時期でもスーパーで切らすことなく売られていますが、、実は8月〜10月が収穫時期なのですよね。保存技術がよほどいいのか、質のいいリンゴは一年中手に入ります。(ありがたいことに) フルーツ大好きな主人の大好物の一つとも言える「アップルクラフティ」。我が家のアップルクラフティはアップルの量の方が生地より多いのが特徴。どちらかというとアップルの間に生地が少々ある、、リンゴ焼きケーキです。 レシピ、作り方、いたって簡単です。ご興味のある方はこちらからレシピリンク。                                   Slide show of ‘Making Apple Claufoutis’ |アップルクラフティの作り方         保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存 保存保存

New Year’s multi-culture washoku | 2018年に願う「彩り」元旦

New Years Day, dinner. For us Japanese, New Year’s celebration is a traditional event, most likely THE important day of the year in which we celebrate the day with ‘traditional Japanese osechi’. If anyone of the readers are curious of what ‘osechi is?’, many sites will explain the meaning of some of the osechi dishes. This year I decided to venture out from the tradition to a somewhat non-tradtional ‘washoku cuisine’ to something which I call it ‘multi-cultured washoku’.

Le gâteau invisible citron myrtille| ガトー・インビジブル レモンとブルーベリー

A couple of months ago, I’ve posted this ‘Invisible Cake’ which turned out to be a ‘Visible Cake’ .  My over zeal of adding too much fruit made it into a different cake, this time around successfully concluded the ‘Invisible Cake’ with apples, blueberries and lemon flavor – Le gâteau invisible citron myrtille| ガトー・インビジブル レモンとブルーベリー   数ヶ月前に「インビジブル・ケーキ」が「ヴィシブル・ケーキ」に変身した以来の挑戦 – 「ガトー・インビジブル レモンとブルーベリー」今回は比較的成功したみたいです。やはり多いほど美味しいわけではなく、、限度は大切。今の季節のブルーベリーをたっぷり一層に加え、冷蔵庫で冷やすと夏の涼しいスィーツに最適。 フランス人はこのクレープ生地が大好き。卵生地を簡単に美味しい食べ物にかえていくのが得意でうまい。このスィーツはそんな気迫から誕生したことを感じられます。 イギリスではブレッドプディングと言ったもっと胃に重い卵生地がありますが、、やはり国と食文化の違いはここでも感じられますね(笑) レシピはオレンジページさんのLE GATEAU INVISIBLEという本から作っています。フルーツはリンゴをベースにしたケーキからリンゴ以外の果物(洋梨、さつまいも、マンゴー、人参、柿)そして甘くない野菜バージョンもありますのでご興味のある方は是非。レシピ本としてはなかなかいいアイディア満載でした。       Le gâteau invisible citron myrtille Recipe – < To Make | 18cm x 8.5cm x 6cm Cake Tin > <Basic Ingredients for the batter > 2 eggs 50 g granulated sugar 1/2 lemon peel 1 teaspoon lemon juice 50 g melted butter 70ml milk 80g cake flour 1 teaspoon cinnamon powder ( to your liking ) or cardamonn <Fruit> 1 + 1/2 Apple ( 300 g) 120g (1 pack) Blueberry Almond Slices (Top Decoration) <TO MAKE> Break the eggs into a bowl, add the sugar and whisk until the mixture whitens. Then add the milk, melted butter, lemon peel and lemon juice and mix well. Mix the sifted flour, …

Custard Bread Pudding | Pain Perdu| カスタードブレッドプディング

Pain Perdu, this directly translates as ‘French Toast‘ but although one of my favorite bakery in Tokyo makes a Pain Perdu – to me it is equivalent to what I or we used to call ‘Bread Pudding’ or ‘Custard Bread Pudding’ in the British-Irish food culture.

1st Birthday | 初めてのバースデー

Do you remember when you were 1 year old? This event goes back about a few weeks from now but some scenes from my 2nd grandchild, turned just ONE..UNO..! 数週間前のイベントでしたが第2の孫の1歳の誕生日。アッと言う間に1歳になった気がしますがお母さんは数年に思えると、、と言ってしました(笑)   1 year old Birthday Cake (Egg free) | 卵アレルギー用のバースディーケーキ 卵を抜くと食感はちょっとパンケーキの様なケーキになります。   Mom (my daughter) blowing out the candle as if it was her birthday cake! アッ!と言う間にお母さん、ロウソクを消してしました。 子供何が起きたかわからず、唖然〜。   My 2nd grandchild (Haru) trying out her new handmade Poncho. 1才のプレゼントは自家製の冬用ポンチョ。これで外を走り回れますよ。   Party catering food. Humm…took some thoughts to figure what might come good with Osekihan (Sticky rice with red beans) which another person was bringing to the party. 最近ケータリングフードから遠ざかっていたので、ふむ、ふむ。ちょっと悩みましたがまぁ〜定番料理になりました。       Potato Salad Spanish Omelette | スパニッシュ オムレツ Bread-crumbed Oysters | 牡蠣フライ Spring Roll with soft merangue-like fish cake&cheese | はんぺんとチーズの春巻き Fried Mackerel with leek salt sauce | 鯖のフライ、ネキ塩ダレ さば(三枚おろし) 2〜3枚 長ねぎ 1本(100g) すり白ごま 大さじ1 塩 小さじ1/3 砂糖 小さじ1/2 しょうゆ 小さじ1 レモン汁 大さじ1/2 ごま油 大さじ1 ①さばは水気をふき、あれば腹骨をすきとり、骨抜きで小骨を除く。2cm幅のそぎ切りにし、ボウルに入れてしょうゆ、酒、しょうが汁を加えて軽く混ぜ、20分ほどおく。 ②ねぎ塩だれを作る。長ねぎは粗みじん切りにし、大きめのボウルに入れて、すり白ごま、塩、砂糖、しょうゆ、レモン汁、ごま油を加えて混ぜ合わせておく。 ③揚げる直前にさばの汁気をペーパータオルで軽くふき、片栗粉をまぶす。 ③フライパンに油を2cm深さに入れて170℃に熱し、(3)のさばを入れてカリッとするまで4~5分揚げる。すぐに(2)のねぎ塩だれに入れてあえる。 Handmade Winter Poncho by me       Handmade Personal Seal by my husband | 主人がほった自家製の判子       保存 保存 保存